トップページ > 実務に役立つ他の資格> 秘書検定

秘書検定

オフィスでのマナーや実務の問われる秘書検定は、職種に限らず社会人としてとてもオススメの資格です。
接客や社内のマナー向上のために社員の受験を応援している企業もみられます。

常識ある社会人に必須の知識や技能が身につき、実務や就職、転職に役立つ知識を短期間で学びます。
電話応対や冠婚葬祭マナーなどビジネスに関係なく知っておきたい内容もあり、身に付けて損はない資格です。

医療事務に向いている人のページでものべましたが、病院はサービス業の意識が必要です。

過度なサービスはかえって不興を買いかねませんが、人として病人へ対する最低限のマナーというのを求められます。
看護師や医療事務に女性が多い理由も、緊張感にあふれたり、あるいは殺伐としがちな医療の現場で、患者さんの不安を少しでも和らげるべく、女性ならではのやさしさや人当たりのよさ、細やかさそして強さが必要とされる職場だからだといわれています。

ビジネスに関する教養と、女性が働く上で必要なマナーが身につく秘書検定の資格は、医療事務と合わせて持っていると、医療事務だけでなく、医局での秘書業務などへ就職の幅も広がります。

問い合わせ先:
財団法人実務技能検定協会 秘書技能検定部

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧