トップページ > いざ!就職活動> 勤務スタイルの選び方

勤務スタイルの選び方

正社員

医療機関の正職員で、基本は常勤のフルタイム勤務になります。救急病院では医療事務にも夜勤当直がある場合もあり、時間交代勤務の病院もあります。雇用、労災、健康保険、厚生年金の社会労働保険が完備されます。

パートタイマー

時間給契約です。勤務時間は「週に何日、1日何時間」という形で限定して勤務します。大規模病院、診療所に関係なく求人はありますが、どちらかというと診療所や調剤薬局の方が多く就職先も見つけやすいでしょう。
ちなみに、忙しいレセプト期間(翌月1~10日)だけ、レセプト業務専門に働く人もいます。医療事務講座の案内によく見られる「月初め10日間の勤務で数万円」というのがこれにあたりますが、実際にはこの条件の求人は少なく今いるスタッフがレセプトも担当することの方が多いです。
パートでも、フルタイム勤務の場合は、雇用、労災、健康保険、厚生年金があります。

派遣社員

勤務時間は、フルタイム勤務もあれば日数、時間帯限定のパートタイマーなど様々な勤務形態がありますが、基本的に勤務契約は派遣会社と行うので、肩書きは医療機関の職員ではありません。
給与は、派遣会社の正社員登録している場合は月給制になりますが、時給契約の求人もあります。フルタイム勤務の場合は、雇用、労災、健康保険、厚生年金に契約している派遣会社で加入することができます。派遣会社に自分の希望勤務条件を登録することによって、それに該当する求人があれば紹介してもらえるので、希望する条件にあった職場を効率よく探すことが可能です。

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧