トップページ > 資格の選び方> 医療事務で働くのに資格は必要?

医療事務で働くのに資格は必要?

医療事務には法的に統一された資格試験というものは存在しません。 現状では、絶対的な権威のある資格試験というのも実はありません。

場合によっては資格名をあげて採用を優遇している場合もありますが、結局は職歴や人物像を重視するものです。

何種類もの医療事務に関する資格試験が存在し、それぞれの試験を支持する数多くの医療事務講座があるのです。

採用する側は「医療事務有資格者」または「医療事務講座修了者」といった書き方をすることが多く、なかでも一番よく目にする条件は“医療事務経験者優遇”という言葉でしょうか・・・

医療事務員になるためには、資格がなくてもなれます。
ただ、医療事務講座で学ぶ内容が必ず必要となります!
もしくは、業務についてから医療事務講座の受講をすすめられることもあるでしょう。

どんなに求人に“未経験者OK”と書かれていても、それは医療事務の基礎知識があることが前提となるのを覚えておいてください。

実際の医療事務の求人には、レセプト作業ができる人を望んでいる場合もあれば、特にその能力は問わない場合もあります。
カルテ搬送だけのお仕事だったり、受付だけのお仕事だったり、医療事務全般だったり・・・

応募をする際には、自分のスキルややりたいことに合わせて選ぶのが自分にとっても、採用側にとっても、大事なことだと思います。

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧