トップページ > どんな所で働けるの?> どこの医療機関で働く?

どこの医療機関で働く?

医療事務がおもに活躍できる場は病院です。

病院、とひとくちに言っても、大小さまざまで、大規模な病院ほど医療事務の仕事は細分化され、1つ1つの仕事量が多くなります。
もしかしたら、毎日同じ作業の繰り返しではありますが、その分スペシャリストになれるかもしれませんし、病院によっては、時間交代や半日、1日交代のシフト制により、いろいろな業務を担当できるところもあります。

それに比べ診療所では、数人のスタッフであらゆる仕事をこなすことになります。
患者さんとじかに接することのできるのは診療所の方で、医療機関ならではの勤務の楽しさを感じることができるのは診療所かもしれません。


医療機関は、規模や機能に応じて以下の2つに分けることができます。

病院

 ・20床(ベッド)以上の入院施設を持つ医療機関
 ・科学的で適正な診療ができるように組織的に運営されていること

診療所とは異なり、医師や看護士などの人員数や設備に基準が設けられています。その地域で医療の中核となり主に入院診療に重点がおかれています。

診療所

 ・19床(ベッド)以下の入院施設を持つ医療機関
 ・もしくは全く入院施設がない医療機関

地域の方の日常的な医療を担当するかかりつけ医としての役割や、プライマリケア(初期段階の医療)を担当します。特別な設備を設けず、一般的な通院や在宅医療などの外来診療に重点を置いています。


さらに、医療機関で働くスタッフには、こんな職種の人たちがいます。

【診療部門】
医師/歯科医師/看護師/準看護師/看護補助者※/介護福祉士/助産婦/歯科衛生士

【副医療部門】
薬剤師/臨床検査技師/衛生検査技師/診療放射線技師/理学療法士(PT)/作業療法士(OT)/視能訓練士(ORT)/言語療法士(ST)※/栄養士/管理栄養士/調理師/メディカルソーシャルワーカー(MSW)/診療情報管理士※/病棟クラーク※/臨床工学士/臨床心理士※/義肢装具士/歯科技工士

【事務部門】※
医事部門(医療事務)/用度部門/家政部門/施設部門/その他庶務部門

※法制資格ではないもの

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧