トップページ > どんな所で働けるの?> 調剤薬局で働く

調剤薬局で働く

調剤薬局とは、医師によって発行された院外処方箋に従って、患者さんにお薬を提供する機関です。基本的に、薬を扱えるのは薬剤師だけなので、薬局内の事務を担当します。

医療事務薬局内は調剤の資格ではなく、医療事務の資格をもって働いている人や、講座受講も資格取得もしていない、いわゆる「一般事務」的な方もたくさん働いています。病院にくらべて調剤薬局の方が資格がなくても求人を見つけられる可能性は高く、その場合は、パソコン操作ができる人といった条件がよくみられます。

ですが、医薬分業がすすむ中、今後調剤薬局はますます増える傾向にあり、調剤の資格試験も受験者はまだこれから増えることと思われます。

日々の受付や会計、薬局でのカルテにあたる薬歴簿の作成のほか、処方箋内容をコンピューターに入力し、調剤報酬の算定を行います。
調剤薬局も調剤報酬を保険者に請求するため、毎月末にはレセプト業務があります。

薬剤師がスムーズに作業できるようにサポートし、患者さんにとって大事なお薬を取り扱うとても繊細でやりがいのあるお仕事です。

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧