トップページ > お仕事内容について> 医療秘書とは

医療秘書とは

一般的に秘書業務とは、上司が効率よく仕事ができるように雑務を代わりに引き受け、また上司の仕事の補佐をすることですが、医療業界でも病院規模が大きくなれば、秘書の存在が必要となってきます。

院長や医局、看護部長の下などでの秘書業務となるので、当然のことながら患者さんや医療に関する業務となるわけです。そこで一般企業と違い、 病院では一般的に秘書に求められる業務のほか、 医学・医療事務に関する知識が必要になってきます。

たとえば、医師の本来の仕事である診療に関するスケジュールに合わせて、会議や来客、外出、出張なの予定を調整しなくてはなりません。学会や研究会といったのも頻繁にあるため、医師はとても多忙なため、その管理を秘書にやりくりしてもらうことになります。そして、スケジュール管理や書類作成にはパソコンのスキルが必要不可欠です。普段耳にする医療用語や診療報酬に関する知識、医学会議の資料作成など医療知識に基づいた秘書業務となります。
さらに、例えば院長秘書ともなれば、語学力も必要になってきます。
医局秘書は、大学病院や総合病院などの医師が休憩や事務的なことを行う部屋での秘書業務です。最近では医療ドラマでよく見かける場面ですね(笑)診療科ごとに医局がわかれていて、その科に全体の秘書業務となります。そのため、配属された診療科に関する知識が必要となります。

ほかにも、患者さんと看護師の間にたつ秘書業務というのも存在します。
こちらは病棟クラークと呼ばれ、ナースステーションにて看護師が患者さんへの看護に専念できるように雑務を代わりに行っています。(詳しくは病棟クラーク業務とはのページへ)
上記の秘書業務に比べると、医療の現場での業務になります。

医療秘書の存在は、医師や看護師側に都合がいいだけでなく、医師や看護師たちが本来の診療や看護に専念でき、そのことが結果的に患者さんへの充実したサービスにつながることを覚えておいて下さい。

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧