トップページ > お仕事内容について> 病棟クラーク業務とは

病棟クラーク業務とは

いわゆるナースステーションにて、事務的な業務を担当しています。

  • ◆病棟に新しく入院してきた患者さん、退院される患者さんの受付業務
  • ◆カルテや伝票など病棟入院患者に関する書類の管理
  • ◆電話応対
  • ◆面会者の案内
  • ◆他セクションへの搬送(書類、伝票、検体、薬品、医療材料など)
  • ◆料金計算を各病棟で行っている場合の定期請求業務
  • ◆その他ナースとの協力作業(リネン管理や残食チェックなど)
処方箋

病棟クラークとは、あまり聞きなれない職業ですが、簡単に言うと、患者さんと医師や看護師などの医療スタッフの間をつなぐお仕事です。

ナースステーションにて、医師や看護師が医療業務に専念できるよう事務の立場から助けています。
看護師の事務的な業務を代わりに行い、患者さんにとってより充実した医療・看護になるためにも、病棟にとって欠かせない人材です。

スポンサードリンク

また、患者さんにとっても医師でもなく看護師でもない存在というのは、身近に感じることができるようで長く憂鬱な入院生活の中で、一息つける存在でもあるようです。

患者さんの日々の様子をすぐ近くで見ているので、気が張る職場ではありますが、患者さんの笑顔や回復ぶりに心を癒されることも多く、高齢化社会を迎え、病院の存在がますます大きくなる中、今後注目の職種となりそうです。

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧