トップページ > お仕事内容について> 診療報酬請求業務(レセプト業務)とは

診療報酬請求業務(レセプト業務)とは

すべての病院で、毎月10日に前月一か月分の診療内容をまとめます。
患者さん一人分を一枚の診療報酬明細書(レセプト)にまとめ、各関係機関へ提出します。

社会保険の方のレセプト→社会保険支払基金
国民健康保険の方のレセプト→国民健康保険団体連合会
レセプト

日々の診療費の計算業務の内容が1枚のレセプトにまとめられるわけですが、今ではレセプト専用ソフト(レセコン)のおかげで実際に手作業でレセプトを作成することはなくなってきました。

したがって、打ち出されたレセプトに誤りがないかどうかのチェック作業がメインとなります。

病院収入の大半は、このレセプトに書かれた診療点数で決まるので、記載不備や間違いがあると病院にとっては大きなダメージとなりかねません。

翌月10日と提出日程に限りがあるため、どんなに枚数(患者人数)があろうと、慎重かつ迅速に行うことが重要となります。


レセプトの書式は全国で統一されており、患者氏名、生年月日、性別、保険証内容、病名、1か月分の診療内容、合計点数が記載されています。
実際のレセプト作成は、毎月月末を締め日として、翌日1日から作業をはじめ、10日必着で各関係機関に提出します。そのため、月末~月初めの集中的な業務となります。


ですが、その期間も通常の診療は平常どおり行われている為、日常業務に平行してレセプト作業にあたるか、その期間だけレセプトに専属的に従事するスタッフ(外注のこともあり)がいる病院や、診療時間外に作業にあたる病院もあります。
医療事務の求人で月初めの10日間とあるのはこういった現状によるものです。

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧