トップページ > 医療事務を目指すあなたへ> 医療事務の病院内における役割とは?

医療事務の病院内における役割とは?

一般的に医療事務は病院内でどんな役割をしているのかというと…
医療事務

・受付(初診再診
診療費の計算
会計
処方せん窓口
カルテ管理
入退院受付
病棟クラーク
夜間休日診療に関する業務
医事統計
・その他庶務的業務
診療報酬請求

といった内容が主なお仕事となります。
もちろん、病院の規模によって仕事内容もかわってきますので、すべての知識が必要となるかというと、そういうわけではありません。

小さな診療所では、上から4点と下の2点を数人のスタッフでこなしています。

大きな病院では、それぞれが膨大な仕事量となるため、受付担当、会計担当、計算担当、カルテ担当などのように、医事課のスタッフで分担制にしている所が多いです。
(交代制のところもあれば、固定制のところもあり病院によってさまざまです)

診療報酬請求業務は毎月、1日~10日までに集中して行う業務なのですが、それ以外の日々のお仕事は、この診療報酬請求業務の知識がないとすすめることができません。

ですので、医療事務になるためには、この“診療報酬請求業務”を学ぶことから始まります。

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧