トップページ > 医療事務を目指すあなたへ> 医療事務に向いている人(1)

医療事務に向いている人(1)

医療事務

医療機関で働くには、とくに患者さんに接する場を望む場合は、明るく健康的な人が似合います。 実際に医療の現場では、受付などを担当する医療事務スタッフは、接客業という意識をしっかり持って働いています。

人を相手の業務ですので、いつも相手の気持ちになって考えて仕事ができなくてはなりません。
もうこれは大前提です。診療所などの面接では、キャリア以上に人柄を観察されています。(キャリアは書類選考の時点でふるいにかけられているので…)

これをふまえた上で、さらにどんな人が医療事務に向いているかというと…
人に喜んでもらえるとうれしい!と思える人

医療機関で働くということは、心身のどこかに不安を持っていてそのことを相談に来ている人を相手に働くということです。ですので、日常の常識からはもう少し掘り下げて、相手の気持ちを考えてあげることが必要となります。

自分が病気や怪我のときを思い出してみましょう…
誰でも、ほんのささいな優しさや逆に冷たさにも意外と敏感になるものですよね?病院規模が小さくなればなるほど、スタッフの感じの良さ(言葉使いや笑顔)が重要視されます。
今は、医師が患者に対してえらそうにふんぞり返っていてやっていける時代ではありません。納得いくまで病院を選ぶ患者さんが増えてきています。(それが、医師への信頼感であったり、スタッフの応対の良し悪しであったり、混雑具合であったり・・・と理由はさまざまですが)

医師もスタッフも、病院はサービス業であるという気持ちで、丁寧に接することを心がけなくてはなりません。 人と接する仕事ですので、相手に心地良い時間を過ごしてもらえるよう気を配ることができる人が何よりも求められています。

どんなときも、患者さんからの「ありがとう」の言葉が聞けることが一番励みになるお仕事です!

(資料請求は、下のイラストをクリックしてください)

▲Homeへ

このカテゴリの記事一覧